12

キナウ

写真クリックで拡大表示

 

 

103

ニシノグリーディ

写真クリックで拡大表示

現役時代は、JRA1勝を上げ500万条件でも入着の実績があります。 産駒の初仔は、約50kgで5月22日に無事出産しております。元気に成長しておりましたが、8月末に病死しました。 種付けも昨年は、遅生まれもあり初発情の1回のみ種付けしての不受胎でした。子育て、直検とも問題無く乳量も心配ありません。

 椛O田ファーム 

105

チークトゥチーク

写真クリックで拡大表示

 現役時代はJRAで2戦1勝の成績でしたが、その勝利は2馬身半差の完勝でした。 母ムードインディゴはG3府中牝馬Sを制し、G1秋華賞でも2着に入った実力馬で、その産駒も、昨年のG1菊花賞3着のユーキャンスマイルや、JRAで3勝を挙げたノガロなどがおり、今後のさらなる活躍が期待される牝系です。

 株宙莓q場 

106

ミスパスカリ

写真クリックで拡大表示

 G2スプリングSを制したマウントロブソンを筆頭に、JRA5勝、G1菊花賞3着のポポカテペトル、今年のクラシック戦線での活躍が期待されるボスジラなど、素晴らしい産駒成績を誇っています。 名種牡馬クロフネの妹にあたる本馬ですので、血統面も申し分なく、配合もし易いと思います。

 株宙莓q場 

107

リラックススマイル

写真クリックで拡大表示

 初仔マローブルーはJRA4勝、重賞でも入着を繰り返す活躍を見せました。仔出しも良く、その後もマウントハレアカラ(3勝)などがJRAで勝ち上がっています。血統面でも、祖母ヴェルヴェットムーンは英重賞勝ち馬、その仔ムーンバラッドはG1ドバイワールドカップを制し、種牡馬となったように、牝系からは活躍馬を多数輩出しています。また、サンデーサイレンスの血を持ちませんので、配合し易いことも魅力の一つであると思います。

 挙高大洋牧場